Search

建築家・宮脇檀展

少し前の話になってしまいますが(^-^;、、、

建築家・宮脇檀展を九州産業大学で見てきました。(ちなみに12月2日で展示は終了しているので何の役にも立たない情報となりますが、記録のために書くことにしました・・・m(__)m)

宮脇さんの書籍はいくつか持っていて、どれも設計実務の参考にしたり、建築に対する姿勢だとか建築の社会的な役割についてだとか・・・とにかく強く強く共感するところが多く、大変尊敬しております。

そんなこともあって今回展示されていた設計図やスケッチ画は勿論、宮脇さんのメモ書きまで一つ一つ丁寧に拝見させて頂きました。

どっと疲れましたが、とにかく大満足。楽しい!!の一言でした。

建築の可能性や影響力を再認識し、丁寧に考え設計していくことの必要性(もはや義務です!!)をもう一度問われたようで、日々に流されてしまいそうな自分を反省しました。

興味のある方は是非!!と言いたいところですが、もう展示は終わっているので・・・本屋で宮脇さんの本を探してみてください(^-^;

 

IMG_4421 IMG_4420

建て方スタート

湯布院の現場で建て方がスタートしました。

基礎だけの時は図面より小さく感じるものですが、実際に土台を敷いて柱を建てて梁を架けてくると当初より大きく見えてきます。

住宅より大きな店舗なので、建て方も一日では終わりません。

地場産材を取り入れて木組を強調した建物なので構造材のジョイント部分にも気を使っています。それだけに大工さんも一つ一つの材をくみ上げていくのに時間を使い丁寧に作業して頂いてます。

その日は大方の梁を架けたところでTIME UP。夜に雨が降る予報だったので雨対策もしっかり行ってもらいました。

勾配屋根が現れてくるとさらに大きく、きれいな木組が見れると思います。

次回の現場定例が楽しみです(^^♪

IMG_4396

IMG_4393

IMG_4395

紅葉狩り

週末に家族で久しぶりの外出。

大興善寺『つつじ寺』の紅葉を見てきました。

今年はゆっくり季節が変わっているので紅葉もゆっくり色づいているようです。

長い階段を上っての絶景!!

IMG_4399 IMG_4402

近くでウォークラリーも開催されていたこともあって、来場者も多め(^-^;

せっかく来たので園内で一番高い場所まで登ってきました。山の斜面に紅葉やつつじ(開花すれば斜面一面を覆うような感じなんでしょうね~)、杉の木が混生していてその間に歴史ある建造物が点在しています。

苔むした草ぶき屋根や細い桟の木製建具もきれいでした。

IMG_4405 IMG_4403

この日は限定で国指定重要文化財のご仏像「多聞天・広目天」が一般公開されていて、子供たちも飽きることなく満喫出来ました。久しぶりに休日っぽいお休み(^^♪

 

配筋検査no.2

日に日に寒さが増してきました。

先日湯布院の現場にて2度目の配筋検査を終えました。この日は空気も澄み切ってとても良い天気。

由布岳がきれいに見えました。(写真は計画地の前面道路。敷地向こうに由布岳が見えます)

IMG_4381

今回の計画では中庭を挟んで2棟を向かい合うように配置しています。

そのうち1棟はすでに検査を終えた部分からコンクリート工事に入っています。

敷地に到着すると職人さん多め。工程も厳しいため1棟目の配筋検査日にすでに2棟目の鉄筋を組んでいるようです。

IMG_4389 IMG_4390

今はどこも職人さん不足で、職人さんの都合に合わせて工程を組んで、職人さんが入れるときに集中して作業を進めてもらわなければなりません。この状況が工事費の高騰につながっているようです。。。

今年は暖冬とのニュースもあり、このまま工事が滞ることなく進んでくれることを祈るばかり。

 

 

木造住宅の増築

最近よくよく耳にすること。よく相談事項で登場すること。ご存知の方もいるかと思いますが、ここで少しご紹介したいと思います。

 

建築基準法では現在の法律が過去にさかのぼって適用されます(他の法律では一般的にあり得ないことです(-_-))。
ということは、昔建設された建物が法律が変わったあるいは追加されたことにより、現在の法律に照らし合わせてみると法律に適合していないという事態が起きます。
違法建築物ということではありません。あくまでも建設した当時の法律には適合していたわけです。

そういう建築物のことを『既存不適格建築物』と呼びます。

住宅のリノベーションや増築の相談を頂いた時に築年数をお聞きしてまずここを説明させて頂きます。
(築年数から現在の法律にどこまで適合しているか見当を付けています)

築年数によっては現在の法律に適合させるために、当初手を付ける予定ではなかった既存部分まで是正工事が必要になるケースがあります。あるいは是正工事を避けるために思うように増築できないこともあります。

木造住宅で是正工事が必要となるような大きな法改正があったのは1981年(S57)と2000年(H12)。いずれも震災がきっかけとなり耐震性を上げるために法改正が行われました。

最近テレビでもおしゃれなリノベーション物件をよく紹介してますね。新築よりも手軽に低コストで出来そうな印象があるのですが、木造住宅においては制限されることが多いのも事実。実際に最近ご相談を頂いた方はいずれもこの二つの法改正に対して大きな是正工事が必要な方で、建て替えも視野に入れて検討されることになりました。

 

増築、リノベーションをお考えの方は現在の住まいありきの計画となりますので、要望も多くあると思いますが現状を条件整理することも大切です。ご相談ある方はお気軽にご連絡ください(*^_^*)。

N-HOUSE 家族が集まる「く」の家 1年点検

先日、昨年竣工した『N-HOUSE 家族が集まる「く」の家』の一年点検に伺いました。

設計事務所との家づくりでは、竣工引き渡し後に1年、2年、5年、10年といった節目の年に工務店、建築士、お施主様で家の総点検を行います。(N-HOUSEでは建具屋さん、電気屋さん、設備屋さんも加わりすぐに対応できる様準備万端です(^-^;)
点検箇所は家の外周、内部、設備、建具などすべてです。

修理・補修が必要な箇所はメンテナンス工事をさせて頂きます。(経年変化や工事不具合といった原因でない場合はメンテナンス費用が発生する場合もあります)

設計事務所との家づくりを選択されたお客様は、家づくりへの強い思いやこだわりのある方が多く、設計者や工事を行う工務店は唯一無二のものを作る意気込みで知恵や技術を出し合いながら家づくりを進めます。
そのためか、家づくりを終えた後は同志のような気分になるし、完成したものへの愛着もあります。

N-HOUSEの家づくりプロデュースをして頂いたFORZAさんが「同窓会みたいなもんやね」と仰っていましたが、確かにその通り。
久しぶりにお会いする業者の方々と工事中を懐かしんだり、一年経って少し見え方の変わった家をじっくり眺めたり。N様より暮らしの様子を報告いただいたり。

この日の検査では大きな補修箇所はなく、いくつか出ていた不具合については後日メンテナンスに入ることになりました。
大変きれいにされていてN様の暮らしぶりが加わったことで、N様オリジナルの居心地のいい住まいへとさらに成長しているように見えます。「来年お会いするときにはウッドデッキを塗り替えたいと思います」と来年に向けてさらに住まいを磨かれるお言葉も頂きました。
IMG_4364

たくさんの関係者が集まり、家が半分隠れてしまいましたが・・・(^-^;
また来年お邪魔させて頂きます。ありがとうございました。

kocochi事務所-その1

昨年事務所を移してからもうすぐで1年が経ちます。
まだまだ成長中の事務所ですが、成長過程を少しずつご紹介。

近頃寒くなって空の青さが薄れてきたように感じます。
事務所が暗い!!レールにスポットライト8灯で過ごしてきましたが、事務所の作業スペースとしてはやはり暗い(^-^;
(床もダーク系の茶色なんです・・・)

今回思い切って少し大きめの照明を追加しました。天井がコンクリート打ち放しなので、インダストリアルデザインに寄せてみました。
IMG_4360

うん、、なかなかいい感じです。くつろぐことを目的とした住宅の照明、作業効率が大切な事務スペース、商品をきれいに見せる店舗照明。照明器具のデザイン、見せ方だけでなく照度と光の色は重要ですね。

配筋検査no.1

湯布院の現場。配筋検査行ってきました。
前面道路が狭く、敷地内で重機を動かしながらの工事であるため、全体を分割して進めている現場。
基礎の配筋検査も3回行われます。(状況によっては4回になるかも(^-^;)
IMG_4345

IMG_4341

この日は第一工区の検査です。
いくつかの指摘はあったものの、すぐに対応できそうです。

この日現場へは高速バス乗り場から歩いて向かいました。
平日とは言え観光客で溢れていて、まっすぐ歩けないほど。
現場搬入に時間がかかるのも納得です。歩いて分かる周辺環境。貴重な体験でした。

浄化槽設置完了

湯布院の現場。
今回はレストランも入る店舗であるため、浄化槽もこれまで見たことのないような大きなものになっています。
前面道路も狭く、観光客が多く行き交う敷地であるため搬入も一苦労。
サイズが大きいため、建物の基礎工事に大きく制限をかけながらの設置となりました。

本日やっと土留めしていた矢板も撤去されて大きな重機も役目終了となります。
(写真は浄化槽が設置される前の底盤スラブです)
IMG_4346

郊外の敷地では浄化槽設置がまだまだ一般的に行われます。
住宅であってもご家族が多くて7人槽ともなるとそれなりの大きさとなり、プランニング初歩段階で設置位置の検討が必要です。
(人槽が小さくても排水管の勾配が確保されるか、最終的な放流箇所の確認など検討が必要ですので、いずれにしても早い段階の検討が必要です)

湯布院の現場では浄化槽設置完了によりやっと現場事務所を置くスペースが確保されました。
寒くなる前で良かったです(^-^;

週末は建築デザイナー相談会

10月になりました。台風がまたやってきます(-_-メ)。
今年は台風の数が多く、勢力も強いように感じてしまいます。
今回は福岡近くを通過する予報なので警戒を強めないとですね。

そんな週末、台風の去った日曜日(おそらく・・・)。福岡市中央区薬院にあるパナソニックショールームにて建築デザイナー相談会が行われます。今回は私が当番に指名されております。
家づくりに関することであれば何でも構いません。建築士に聞いてみたいことがあれば遠慮なくどうぞ。
敷地図や図面等ありましたら具体的なお話も出来るかと思いますのでご持参ください。
一応予約制ですが、当日受付も可能です(*^_^*)。

基礎工事はじまりました

現在進行中の湯布院の現場です。
地盤改良工事が終わり、基礎工事に入りました。
IMG_4320

今回は物販飲食店が入る店舗ですので、浄化槽も160人槽とかなり大きめ。
搬入路が狭い上に敷地の一番奥に設置するため、浄化槽工事と並行しての基礎工事は工区に分けて出来るところから・・・といった感じです(^-^;

この日は敷地中央を通っていた電線が移設され、大きく開いた上空越しに由布岳が・・・・
はい、今日も曇ってました。
IMG_4322

きれいな由布岳はまた次回に。

住む人があってこその『家』です

先日、突然大切な人を亡くしました。
その人は大切なお客様であり、身内であり、いつも応援してくれる人でした。
その人が住む家を幾度となく訪ねると、いつもそこは魅力を増してとても気持ち良い場所となっているように感じられました。

その人が亡くなって初めて訪れた家は驚くほどに静かで、寂しい場所になっていました。
それから一か月ちょっと、少し落ち着きこれまでと違った雰囲気ではあるけれど、また家が変わり始めた気がしました。

住む人が大事に思いながら、毎日を過ごす場所であってこそ『家』は味わいを増し、住む人に合わせて形を変えていくものだと改めて思いました。

故人を忘れることなく、いつも近くで応援してくれる声を感じながら、これからも大事にしたいと思ってもらえる建物を残していきたいですね。
やっとブログに書けるようになりました。

プランニングはじめました。

新しいプランニングに入っています。。。
計画地を訪れて見えてくること、感じること、それからお施主様の要望。
そこで暮らしている風景を思い描いて、ベストだと思えるコンセプト(計画の軸みたいなもの・・・)を固めていきます。

それからぼんやりぼんやりと具体的な形が浮かび上がってくる感じ・・・
いくつかの選択肢も考えられるから、いろんなメリットデメリットで選択肢を絞り込んでいきます。

時間がかかります・・・(私の場合・・・(^-^;)
知恵熱出そうな感じ。いや実際に出てます。
それでも出来上がる頃には自信をもって提案できるものに固まっています。
それを目指して、時間との戦いでもありますが、自分との戦いです。
IMG_4318

北海道胆振東部地震

今度は北海道で震度7の地震が発生してしまいました。
今回の地震で被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。

豪雨により暮らし諸共押し流され、台風による風の威力を見せつけられ、地震により大規模な停電が起こる。
今年の夏はあらゆる災害が次々と起こりました。

自然の驚異にどこまで人間は立ち向かっていかなければならないのか・・・。
昔から家はこれらの自然と向き合いながら進化を遂げてきました。
浸水しないように基礎を高くしたり、高台に作ったり、雨戸を設けたり、サッシの強度を上げたり、地震に耐えられるように建築基準法を見直したり。
それでも自然に負けてしまったときは、さらに強固なものへと。

昨今の建築基準法で建てれば、家はそうそう崩れるものではありません。世界的に見ても日本の建築物の精密さと頑丈さは遥かに優れています。

それでも今回の地震の映像を見ると、家は崩れていないのに地面が隆起して家全体が持ち上げられている。町全体が破壊されている。
どこまで建築はこの自然に立ち向かわないといけないのでしょうか・・・

家族と過ごす唯一無二の癒しの空間であってほしい、とても心地よい場所であってほしい、そう願いながら家を設計しているのですが、今回のようなことがあるたびに、どこに向かっていけばよいのか、そのバランスを考えながらも明確な答えがでない、そんなことをぐるぐる思っています。

建築家展に参加します

今週末の9月8日(土)、9日(日)の2日間、佐世保イオン大塔ショッピングセンター内で建築家展に参加します。
ASJ(アーキテクツ・スタジオ・ジャパン)のイベントです。
建築家との家づくりに興味がある方はお気軽にご来場ください。(ショッピングセンター内ということもあり通りがかりでも立ち寄れる雰囲気だと思います(^-^;)

d4f5837523a28b176fe69bfe9d730b7b-1024x732