Search

自邸見学ツアー終わりました

FORZA主催「建築家自邸見学ツアー」で我が家の見学会が終わりました。

今週末にあと2件見学できるようになっています。(もう少し申し込みができる物件があるようです)https://www.forzakyushu.com/event/

昨年末から関わらせて頂いた初めてのFORZAイベント。6月はこのイベントに照準を合わせたと言っても過言ではないほど、資料作成から我が家の掃除(あとは私自身の心の準備も含めて・・・)まで進めてきました。

各会場ともたくさんの申し込みを頂き、配分された時間では足らないほどの盛況ぶり。

いくつかある見学先から我が家に興味を持って頂き、御来場頂いた皆さん、本当にありがとうございました。

皆さんに伝えるために我が家の設計について言葉で表現しようとすると、再度設計当時の自分の考えを思い返し、そのうちに新しい発見があったりコンセプトがより明確になってくる感覚がありました。

コスト面で実現できなかったことはたくさんありますが、この設計にかけた労力やエネルギーは自分でも褒めてあげたいくらいです・・・。

参加頂いた方からも「楽しかったです」「とても参考になりました」とうれしい感想を頂きました。

事前に連絡を頂ければ、見学できるようにしているので興味のある方はどうぞ。(家づくりをお考えの方に限らせて頂きます)

◆「旗竿地」での家づくり

今回たくさんの申し込みを頂いた理由に我が家が「旗竿地に建つ家」だったから・・・という点があったのではないかと思っています。

旗竿地・・・広い敷地を手前側と奥側で2つに分けて分譲した際に、道路に接するため奥にある敷地は道路まで竿のように細長い敷地がついていることがあります。これが旗のように見えるので「旗竿地」。

広い土地では購入できない方でも旗竿地のように分筆(敷地を分割したもの)されたものは整形地より価格が安いので、最近では良く見かける敷地形状です。

我が家はこの形状の敷地に建つ「旗竿地に建つ家」。

道路から奥まった敷地であるため、細長い竿部分が使えなかったり、4方隣家に囲まれて眺望や日影が気になったりと「旗竿地」ならではの解決すべき問題があります。

これら特殊な問題点はハウスメーカーなどの標準設計では対応が難しいと思います。気にいった地域にそれなりの価格で「旗竿地」を発見した時は購入前に設計士へ相談することをお勧めします。

相談は無料です。近県であれば伺わせて頂きます。(無料です。交通費は別途相談)

2010_08_22_0821_加工2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建築デザイン工房kocochi空間一級建築士事務所ロゴマーク