Search

カタチが見えてきました

湯布院の現場。2棟の建物が中庭を囲むように計画されており、2棟すべての上棟を年内に終えるべく現場は急ピッチで動いて頂いてます。

2棟目の屋根は片流れでトラス組としています。勾配が緩く、室内からは木組が現しで見えるため、木を固定するための金物が使えません。

そのため木のジョイント部はホームコネクター工法を採用。ホームコネクターという金物を木材の中に仕込み、そこに接着剤を流し込み固めるという工法。

初めての採用であるため、現場で見学させてもらいました。

IMG_4454IMG_4453

上写真はトラスごとに材料を仕分けし組み立て準備中。接着剤が寒さで固まらないようにヒーターを焚いています。

下写真は接着剤を注入しているところ。すでに経験済みの大工さんが手慣れた感じで作業を進めております(*^_^*)

 

接着剤が固まるのを待っていざ建て方!!トラス部材を含め細かくプレカットされた部材をパズルのように組み立てていく大工さんに脱帽(;’∀’)。狭い敷地にクレーンを入れて手際よく木材を運び形が出来ていきます。

IMG_4466IMG_4480

由布山を背景に2棟の屋根が向かい合いました。これから軒天の杉板や化粧木組などまだまだ木を使った化粧仕上げが加えられ、湯布院の街並みに馴染んでいくことでしょう~。

一日で一気に作業を進めて頂いた大工さん、現場監督さん、お疲れ様でした。

来年春のオープンに向けて引き続きよろしくお願いしますm(__)m